« おうちご飯シリーズ | トップページ | おうちご飯シリーズ »

2010年9月15日 (水)

Goodbye 親不知さん

抜歯をすると先生に告知されてから一週間。

思い返せば不安との戦いでした think

「案ずるより“抜くが”易し」

そう自分に言い聞かせて、

たぶん50回目くらいになる腹をくくりなおし 歯医者さんへ。


麻酔の処置をしてもらったくらいから

わたしの緊張はピークへ達し・・・

心拍数は上がってしまうし、手足は冷たくなるしで

こんなに心細い思いをしたのは久しぶり weep

そんな時、先日の青江くんライブでのMCではないですけど

担当してくださっている、大スキな歯科衛生士さんが

「心配いらないですよ。大丈夫ですからね!」と

作業をしながら側についていてくださり。。

どれだけ気持ちが落ち着いたことか。

心の支えの大きさを思い知るのでした〜。


結局のところ、麻酔で少々のチクリはあったものの

抜歯にかかった時間は まさに一瞬の出来事でした wrench

5秒くらいだったと思う・・・。

痛みなんてもちろん全くないし。

口をゆすいだ後、ガーゼを噛ませられたのですが

抜いた逆側を先生が噛ませるものだから、

「あの〜・・・抜いた逆側を噛むのでしょうか?」と聞いたら

「あ〜うっかりうっかり!!」っていう先生のナイスボケが入りまして

わたしの親不知抜歯は幕を閉じるのでした。


もう数時間経ちますが、舌がちょっと痺れるかな〜くらいで

痛み止めも必要ないほどです。

とにかく無事に終わって良かった dash

でも、抜く時のミシミシッて音は

今思い出しても怖いな〜 typhoon


100915_1701_010001
抜歯した親不知さんは

かわいい歯形のケースに入れて

持たせてくれました。

|

« おうちご飯シリーズ | トップページ | おうちご飯シリーズ »

日々の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548123/49461271

この記事へのトラックバック一覧です: Goodbye 親不知さん:

« おうちご飯シリーズ | トップページ | おうちご飯シリーズ »